高い耐震性能・優れた排水性能を共に備えた箱型擁壁工法は全国各地で採用されています。

施工例・実績-公園整備工事


数量表 全数当たり
名称 規格・寸法 単位 数量
据付工   202.5
箱型擁壁 A 型(1,000 × 2,000 × 1,250mm) 56
B 型(1,000 × 1,500 × 1,250mm) 51
Ah 型(500 × 2,000 × 1,000mm) 14
中・裏込砕石工 S-40 前後(単粒度砕石) 251.2
間詰コンクリート   5.83
培養土   31.99
暗渠工 φ 150mm(樹脂製) m 44.5
基礎砕石工 S-40 前後(単粒度砕石) 42.55
吸出防止材   261.69

JR 南草津駅前公園の整備事業で施工されました。
私立大学へのアクセス駅でもあり、近年駅前も開発され人通りも多く緑化も検討されました。
写真左の大きなR はA 型を使用し4 段目まで全面緑化をするため、製品中にはグリーンカップA8 を製品突合せ部には暗渠パイプφ 300 を使用。
写真右側の小さなR はB 型を使用し(一部反転)、緑化には暗渠パイプφ 300を使用。
箱型擁壁の特徴の一つであるカーブ施工の優位性を生かして、2 種類の半径の違うR を綺麗に表現できた現場です。